過去ログ

[OpenShift origin] OepnShift originの自動起動設定

さて全開でAll-In-OneサーバーとしてOpenShift originがインストールできたのですが毎回「oc cluster up」するのも馬鹿らしいので、サービスの自動起動設定を入れてみました。/usr/lib/systemd/system/origin.service[Unit]Description=OpenShift originAfter=network.target docker.service[Service]Type=oneshotRemainAfterExit=yesExecStart=/usr/sbin/oc cluster up --host-data-dir=/var/lib/originExecStop=/usr/sbin/oc clu...

  • PC
  • 2017.12.17

[OpenShift origin] cluster up

一番自由度が高くクラスタ構成も組みやすいansibleでのインストールは失敗続き。ここいらで方向転換しバイナリーでインストールしてみてみます。バイナリー版の「Getting Started」はとっても簡単まずはマシンを初期化し必要そうなモジュールをインストールします。必要でもないのですが一応hostsにマシンを定義# cat /etc/hosts127.0.0.1 localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4::1 local...

  • PC
  • 2017.12.16

[OpenShift origin] installにチャレンジ中

一体何度目か判らないインストール作業(苦笑)そして何度やっても同じ状況って事はおそらく設定ファイルが悪いか、インストール後のセットアップが必要かの何れかだとは思うのですがどうにも文献が引っ張ってこれない# cat /etc/ansible/hosts[OSEv3:children]mastersnodes[OSEv3:vars]ansible_ssh_user=rootdeployment_type=originopenshift_master_unsupported_embedded_etcd=trueopenshift_disable_check=disk_availability,memo...

  • PC
  • 2017.12.16

どうやら内部DNSの設定がおかしかった見たい…

OpenShift originをインストールするために急遽内部DNSを立てましたがその設定がおかしかったみたいで、www.google.comは引けるけど、mirror.centos.orgは引けない状況に陥っていました。そこで一度OpenShift originのインストールは初期に戻して内部DNSの設定見直しを開始しました。インストールしているベースは「CentOS-7-x86_64-Minimal-1708.iso」の標準設定そこにyumでDNSなどを入れています。# cat centos-releaseCentOS Li...

  • PC
  • 2017.12.15

[OpenShift origin] OpenShift origin 設定編①

さてさて無事OpenShift originをansibleでインストールはできたのですが…masterサーバーからコンソールにはアクセスできビルドもできるのですがRegistryにPushできません。原因を探る旅はまだまだ続きます。# oc get allNAME DOCKER REPO TAGS UPDATEDimagestreams/registry-console docker-registry.default.svc:5000/default/registry-conso...

  • PC
  • 2017.12.12

[OpenShift origin] OpenShift originのインストールにチャレンジⅣ

何度もインストールを繰り返しているので汚い環境になってしまったのでダメ元で再度新規にOSセットアップから始めてみました。ns.example.com(192.168.253.136).......内向けDNSサーバー(CentOS7 Minimal)master.example.com(192.168.253.200)...OpenShift originのmasterサーバー(CentOS7 Minimal)node1.example.com(192.168.253.210)....OpenShift originのnodeサーバー(CentOS7 Minimal)# yum -y updateここまで戻ること...

  • PC
  • 2017.12.12

[OpenShift origin] OpenShift originのインストールにチャレンジⅢ

OpenShift originのansibleによるインストールがうまくいかないので少し前のブランチ(release-3.8)からcloneしてきて試してみます。# cd ~# rm -rf openshift-ansible# git clone -b release-3.8 https://github.com/openshift/openshift-ansibleCloning into 'openshift-ansible'...remote: Counting objects: 83881, done.remote: Compressing objects: 100% (2/2), done.remote: Total 83881 (delta 0), reused 0 (delta 0), ...

  • PC
  • 2017.12.10

[OpenShift origin] OpenShift originのインストールにチャレンジⅡ→失敗"(-""-)"

おはようございます!昨晩仕込んだOpenShift originのインストール結果から言うと、やはり同じでした…"(-""-)"TASK [openshift_service_catalog : wait for api server to be ready] ****************************************************************FAILED - RETRYING: wait for api server to be ready (120 retries left).:FAILED - RETRYING: wait for api server to be ready (1 retries left).fatal: [master.example.com]...

  • PC
  • 2017.12.10

[OpenShift origin] OpenShift originのインストールにチャレンジⅡ

OpenShift originのインストール2度目(実質4度目か?)今現在も開発が続けられている出来立てのような代物なので日進月歩でコードが変わっています。なのでまずは最新版から取得していきましょう♪# cd ~# rm -rf openshift-ansible/# git clone https://github.com/openshift/openshift-ansible念のため周りのモジュールたちもアップデートしておきます。# yum -y update ansible pyOpenSSL python-cryptography python-lxmlでは...

  • PC
  • 2017.12.10

[OpenShift origin] OpenShift originのインストールにチャレンジ→失敗"(-""-)"

CentOS7を準備した目的はずばりOpenShift origin環境の構築です。All-In-One環境を試そうかと思ったのですが、一応masterとnode1の2台構成としました。そのほかに内側向けDNSサーバを立てています。ns.example.com(192.168.253.136).......内向けDNSサーバーmaster.example.com(192.168.253.200)...OpenShift originのmasterサーバーnode1.example.com(192.168.253.210)....OpenShift originのnodeサーバーまずはmaster,nodeサーバ...

  • PC
  • 2017.12.09